横田基地における物料投下訓練中の事故について


ページ番号1006932  更新日 平成29年12月6日


防衛省(北関東防衛局)から情報提供がありましたので、お知らせします。


北関東防衛局からの情報提供内容

平成29年12月5日付け情報

横田基地周辺自治体からのご質問を米側に照会したところ、回答を得ましたので、以下のとおり情報提供いたします。

平成29年12月1日付け情報

横田基地周辺自治体からのご質問等を米側に照会したところ、回答を得ましたので、以下のとおり情報提供いたします。

平成29年11月20日付け情報

11月15日に横田基地において発生した物料投下訓練中の事故について、本日(11月20日)までに米側から下記のとおり説明がありましたのでお知らせいたします。

当局としては、本件について米側において合理的な措置がとられていると判断されることから、明日(11月21日)以降、物料投下訓練が再開されることは理解できるものと考えます。なお、本日(11月20日)、当局企画部長から横田基地第374空輸航空団司令官に対し、今後の物料投下訓練の実施に当たっては、本件の再発防止策を確実に実施し、安全な訓練の実施に努めるよう要請しました。

平成29年11月16日付け情報

横田基地広報部から情報提供がありましたので、お知らせします。なお、本件の発生を受けて、11月16日、北関東防衛局企画部長から在日米軍横田基地第374空輸航空団司令官に原因究明及び再発防止に努め、引き続き、本件に関する情報提供を行うよう要請しました。

「11月15日、午前9時54分頃、横田基地において、C−130J航空機3機による飛行訓練を行っていたところ、貨物の一つがパラシュートから外れて基地の地面に落ちました。なお、落下場所は、滑走路中央付近です。再発防止の為に、現在事故の調査を行っております。周辺住民の皆さんと我々空兵の安全は最優先ですので、今後、このような物料投下訓練は、問題が解決した上で行います。」

要請(平成29年11月17日)

横田基地周辺市町基地対策連絡会では、次のとおり口頭要請を行いました。

要請日

平成29年11月17日

要請先

在日米軍横田基地第374空輸航空団司令官、北関東防衛局長、横田防衛事務所長

要請内容

平成29年11月16日、防衛省北関東防衛局を通じて、「平成29年11月15日、横田基地において、C−130J航空機3機による飛行訓練を行っていたところ、貨物の一つがパラシュートから外れて基地の地面に落ちた」との情報が基地周辺自治体に提供された。
本件は、住民から地元自治体に寄せられた情報を基に、地元自治体から防衛省北関東防衛局に照会し、判明したものである。
今年度には、航空機の部品遺失なども続いており、これらは人命に関わる重大な事故につながりかねず、多くの住民に不安を与えるものである。
今回の事故の発生と情報提供の遅延は、遺憾であり、貴職においてはこのような状況を十分に認識され、下記のとおり対応するよう要請する。(※)

要請事項

  1. 事故の経緯を明らかにするとともに、原因究明と再発防止を図ること。
  2. 訓練時における安全対策の徹底を図ること。
  3. 以上に関する情報を関係自治体に速やかに提供すること。

※国に対しては、「貴職においてはこのような状況を十分認識され、次のとおり米軍に申し入れを行うよう要請する。」と要請。


企画財政部 企画調整課 基地・渉外担当
〒197-8501 東京都福生市本町5
電話:042-551-1566


[0] 東京都福生市公式ホームページ [1] 戻る

Copyright (C) FUSSACITY.All Rights Reserved.