「ことりっぷ立川・福生・青梅 昭島・羽村」が発売されます!!


ページ番号1008317  更新日 平成31年1月29日


「ことりっぷ」の青梅線沿線版が発売されます!!

東京都26市で初のタイアップ出版

[画像]ことりっぷ立川・福生・青梅(28.1KB)

大人気観光ガイドブック「ことりっぷ」の青梅線沿線版である「ことりっぷ立川・福生・青梅 昭島・羽村」が平成31年2月12日(火曜日)に発売されます。「ことりっぷ」は働く女性が週末に行く小さな旅を提案したガイドブックで、累計発行部数1,600万部を超える大人気シリーズです。今回、「青梅線エリア女子旅推進委員会」と「株式会社昭文社」のタイアップ出版として発刊します。

■発売情情報

【定価】本体800円+税

【出版社】株式会社昭文社(本社:千代田区麹町)

【流通】首都圏書店、全国の主要店、ネット書店

 

 

 

(1)『ことりっぷ立川・福生・青梅 昭島・羽村』の特長
青梅線沿線の5都市のエリアの魅力を、働く女性目線でピックアップした本誌は、地元の新鮮野菜を味わえる各国料理店、さんぽの途中に立ち寄りたいこだわりのカフェ、手みやげにしたいスイーツにアンティーク家具など、読者に何度もリピートしておでかけを楽しんでもらえる一冊となっています。

ことりっぷ編集部と青梅線エリア女子旅推進委員会が協議を重ね作成した本誌には、女性委員のアイディアを元に生まれた、5都市のモチーフがちりばめられた「大人かわいい和柄の表紙」をはじめとする、タイアップ出版ならではの地元エッセンスが含まれています。

(2)「ことりっぷ」とは
株式会社昭文社が発行する働く女性が週末に行く小さな旅を提案した観光ガイドブックで、累計発行部数1,200万部を超える大人気シリーズです。情報量重視の従来のガイドブックと異なり、女性におすすめの情報を厳選しており、コンセプトやデザインが支持されています。

(3)「青梅線エリア女子旅推進委員会」とは
旅行への関心が高く、魅力的なおでかけスポットやトレンドの情報収集力・発信力のある女性メインの観光誘客により、交流人口の増加やさらなる観光振興および地域の活性化を目的とする、立川市・昭島市・福生市・羽村市・青梅市の5市で構成する委員会です。

【今後の事業展開】

・ターゲットである女性に青梅線沿線を旅行するきっかけとなるイベントを実施。

・エリア内の事業者同士の連携強化や、将来的に当組織の運営主体となってもらう青梅線沿線版DMOの形成を目標に、観光関連事業者に対し、当事業の理解および気運醸成を図り、魅力の創出や磨き上げを働きかける。

◆青梅線エリア女子旅推進委員会事務局(福生市シティセールス推進課内 電話042-551-1740)


このページには添付ファイルがありますが、携帯端末ではご覧いただけません。
添付ファイルをご覧いただく場合は、パソコン版またはスマートホン版ホームページをご覧ください。


生活環境部 シティセールス推進課 まちの魅力創造グループ
〒197-8501 東京都福生市本町5
電話:042-551-1740


[0] 東京都福生市公式ホームページ [1] 戻る

Copyright (C) FUSSACITY.All Rights Reserved.