【2019年5月から対象拡大】子育て世帯の長期優良住宅の取得に係る住宅ローン【フラット35】借入金利の優遇制度


ページ番号1006823  更新日 令和元年5月23日


市内における子育て世代の定住及び住環境の向上を推進するため、新たに長期優良住宅を取得して親世帯と同居または近居、または若年世帯に対して、長期固定金利【フラット35】の借入金利を一定期間優遇します。


概要

 福生市と独立行政法人住宅金融支援機構は、子育て支援を一層促進するために、「【フラット35】子育て支援型及び福生市優良住宅取得推進事業に係る相互協力に関する協定」を平成29年9月29日に締結しました。令和元年5月1日には、内容を一部見直し、再協定を締結しています。

 この協定により、令和元年5月1日以降、福生市が実施する『優良住宅取得推進事業』の助成対象者が、
(1)親世帯と同居
(2)近居(市内または2キロメートル以内)
(3)若年世帯(ローン申込み時に45歳以下)
場合で、かつ、【フラット35】を利用する場合、一定期間、金利の引き下げを受けられるようになりました。

[画像]協定締結式の様子(90.9KB)

※『優良住宅取得推進事業』の詳細については、こちらをご覧ください。

優遇金利を受けるための要件

次の要件をすべて満たす必要があります。

対象となる方

対象となる住宅

借入金利の利率と優遇期間

 

※【フラット35】子育て支援型、【フラット35】Sとの併用によるものです。

 【フラット35】の詳細については、こちらをご覧ください。

申請時に必要な書類

書類が整っていないと申請を受け付けることができません。次の書類を提出してください。

  1. 【フラット35】子育て支援型利用申請書
  2. 要件等確認チェックシート (※同居用と近居用、若年世帯用の3種類があります。ご注意ください。)
  3. 売買契約書または請負契約書の写し
  4. 対象住宅の建築基準法第6条の2第1項の規定による建築確認済証の写し
  5. 長期優良住宅建築等計画認定通知書の写し
  6. 住民票の写し(世帯全員のもので、続柄の記載があるもの) (※近居する場合は、親世帯の分も必要です。
  7. 戸籍謄本等 (同居または近居する者の関係が分かるもの)
  8. 同居する旨の誓約書  (※同居の場合に必要です。)
  9. 申請者と近居予定者の居住(予定)地を記した地図等 (※近居の場合に必要です。)

申請書様式等

担当部署

長期優良住宅を取得され、フラット35を申請する予定の方は、担当部署までご連絡ください。
また、ご自身が福生市の優良住宅取得推進助成金を申請できる要件を満たしているかどうかを確認されたい方も、お電話でお問合せください。

  福生市都市建設部まちづくり計画課住宅グループ(市庁舎第一棟3階)
  電話:042-551-1961(直通)

(注意)まちづくり計画課の開庁時間は、平日の午前8時30分から午後5時15分までです。


このページには添付ファイルがありますが、携帯端末ではご覧いただけません。
添付ファイルをご覧いただく場合は、パソコン版またはスマートホン版ホームページをご覧ください。


都市建設部 まちづくり計画課 住宅グループ
〒197-8501 東京都福生市本町5
電話:042-551-1961


[0] 東京都福生市公式ホームページ [1] 戻る

Copyright (C) FUSSACITY.All Rights Reserved.