粗大ごみの処理


ページ番号1001979  更新日 令和4年1月4日


リサイクルセンターへの申込みが必要です


粗大ごみを出すときの手順

リサイクルセンターヘ電話でお申込みください。処理手数料についても、お問合せください。

リサイクルセンター
電話:042-552-1621、042-551-9150
ファクス:042-530-0155(電話での申込みが困難な方のみ)

処理券を購入してください

収集日の前日までに、市内の廃棄物処理券取扱所(ごみ・リサイクルカレンダーなどでご確認ください。福生市廃棄物処理券取扱所一覧参照)で処理券(シール)を購入してください。
1つの粗大ごみに1枚の処理券(シール)が必要です。必ずリサイクルセンターで指示されたとおりの処理券(シール)を購入してください。

収集日の午前8時30分までに出してください

収集の申込みをした粗大ごみに処理券(シール)を貼り付け、収集日の午前8時30分までに各ご家庭の玄関や敷地の入口などの収集しやすい場所に出してください。

申込受付日時

月曜日から金曜日午前8時30分から午後5時15分
(祝日、年末年始を除く)

次のことに注意してください

手数料の減免

減免対象の世帯に対して手数料を減免します。

該当要件

[画像]粗大ごみを出すときの手順:1 リサイクルセンターに電話する 2 取扱所で処理券を購入する 3 収集日に粗大ごみを出す(29.4KB)
  1. 生活保護受給者
  2. 児童扶養手当受給者
  3. 特別児童扶養手当受給者
  4. 遺族基礎年金受給者(条件あり)
  5. 身体障害者手帳(1級または2級)の交付を受けていて、世帯全員の市民税が非課税であること
  6. 愛の手帳(1度または2度)の交付を受けていて、世帯全員の市民税が非課税であること
  7. 精神障害者保健福祉手帳(1級)の交付を受けていて、世帯全員の市民税が非課税であること
  8. 市長が特別の理由があると認めた方

(注意)
5、6、7については、世帯全員の市民税非課税の確認が必要なため、当日交付できない場合があります。

市で処理できないもの

タイヤ・バイク・バッテリー・ピアノ・プロパンボンベ・消火器・パーソナルコンピューター・ペンキ・汚泥・廃油(液状のもの)・爆発物・薬品等有害物・コンクリート製品・ガレキ・レンガ・石・瓦・残土・ペットの砂(燃やせない素材のもの)・建築廃材・金属塊・たたみ・その他・家電5品目
(各販売店などへお問合せください。)

リサイクル品の販売

リサイクルプラザ(リサイクルセンター内)では、市民の皆さんが粗大ごみとして出されたものの中からまだ使えるものを修理し、毎週水曜日・日曜日の午前9時から午後4時(年末年始を除く。)に市価の1割から2割程度の価格で販売しています。
販売品の見学は、毎日午前9時から午後4時(土曜日・祝日・年末年始を除く。)にもできます。


関連情報


このページには添付ファイルがありますが、携帯端末ではご覧いただけません。
添付ファイルをご覧いただく場合は、パソコン版またはスマートホン版ホームページをご覧ください。


生活環境部 ごみ減量対策課 リサイクルセンター係
〒197-8501 東京都福生市本町5
電話:042-552-1621、042-551-9150


[0] 東京都福生市公式ホームページ [1] 戻る

Copyright (C) FUSSACITY.All Rights Reserved.