平成24年度の目標


ページ番号1002093  更新日 平成28年7月29日


LAS-Eの目標には、大きく二つの柱があります。一つは「共通実施項目」。もう一つは「独自目標」。平成24年度の新たな目標が決まりました。


福生市が平成24年度に取り組む目標 「共通実施項目」と「独自目標」

LAS-Eシステムに定められた目標の定義

共通実施項目

LAS-Eを運用するすべての自治体が取り組むべき環境政策・行政運営等の基本ルール。
共通実施項目は数値的な目標ではなく、行政として、また、一事業所として、環境にやさしい取り組み(仕事)を実施しているかどうかで判断できるものから構成されています。

独自目標

福生市が独自に設定する目標。市の施設で使用している電気や石油などのエネルギーやごみの削減量などを具体的な数値で示したもの。

共通実施項目は

平成22年度から、第2ステージの取り組みを一部先行実施しています。
(第2ステージは第1ステージの「庁内事務活動における環境配慮の実施」から「地域全体の環境政策の実施や事業活動における環境配慮」とステップアップし、取り組みの主体も「行政」のみならず「行政」および「行政施設利用者」に拡大)

独自目標は

平成22年度から指定管理者の管理施設を含んだ数値目標としています

平成21年度から、すべての指定管理者がLAS-E規格に則って環境配慮行動に取り組むこととなっています。平成24年度の目標値を設定するにあたっては、すべての指定管理施設におけるエネルギー使用量等を含めた算定となっています。

平成24年度 独自目標
内容 数値目標等
環境基本計画中期実施計画 施策の実施
市有施設におけるエネルギー使用量削減(電気) 毎時6,776,000キロワット(平成22年度目標値1.84%削減)
(地球温暖化対策実行計画による毎年の削減率から算出)
市有施設におけるエネルギー使用量削減(都市ガス・LPG・A重油)
(原油換算)
606キロリットル(前年度実績値0.13%削減)
(地球温暖化対策実行計画による数値から算出)
自動車利用によるエネルギー使用量削減(ガソリン・軽油・天然ガス)
(原油換算)
36.9キロリットル(前年度実績値0.93%削減)
(地球温暖化対策実行計画による数値から算出)
本庁舎における廃棄物発生抑制(可燃物)〈事業系廃棄物〉 27,529キログラム(前年度実績値0.93%削減)
(地球温暖化対策実行計画による数値から算出)
市有施設における廃棄物発生抑制(可燃物)〈一般廃棄物〉(40リットル袋) 2,972袋(前年度実績値0.93%削減)
(地球温暖化対策実行計画による数値から算出)
コピー用紙の使用削減(規格紙A4換算) 4,895,000枚(前年度目標値0.93%削減)
(地球温暖化対策実行計画による数値から算出)
市有施設における水道水の使用削減 84,575立方メートル(前年度実績値0.93%削減)
(地球温暖化対策実行計画による数値から算出)
各課のLAS-E取り組みの状況の点検 各課におけるLAS-E取り組み状況点検・報告 年4回(四半期)
取組み状況の内部共有 庁内LANによる数値等の報告年6回(会議情報含む)
環境基本計画における進捗状況の情報公開 環境審議会開催 年1回以上
環境基本計画の進捗状況については年1回以上
LAS-E取組み状況の情報一般公開
  • ホームページと広報にて年4回報告
  • 「福生市の環境」で年1回報告
環境基本計画における進捗状況および事業予算の情報公開
  • 環境審議会の開催 年1回
  • 広報・ホームページ等を通じて年1回以上

このページには添付ファイルがありますが、携帯端末ではご覧いただけません。
添付ファイルをご覧いただく場合は、パソコン版またはスマートホン版ホームページをご覧ください。


生活環境部 環境課 環境係
〒197-8501 東京都福生市本町5
電話:042-551-1718


[0] 東京都福生市公式ホームページ [1] 戻る

Copyright (C) FUSSACITY.All Rights Reserved.