見舞金請求について


ページ番号1002894  更新日 平成28年9月12日


交通事故にあったときの対処方法について掲載しています。


交通事故にあったときは

交通事故にあったときの対処方法

  1. けが人の救護
  2. 事故車両などを安全な場所へ
  3. すぐに警察に届ける
  4. 事故報告・請求問合せ(市役所へ)
  5. 交通事故証明の請求(自動車安全運転センターなどへ)
  6. 診断書の請求(病院などへ)
  7. 共済見舞金の請求(市役所へ)
  8. 共済金の支払い

見舞金請求には交通事故(人身)証明書が必要です

見舞金の請求期間

死亡の場合

交通災害が原因で死亡した日の翌日から2年間

重度の後遺障害の場合

交通災害が原因で後遺障害に該当した日の翌日から2年間

傷害の場合

傷害が治癒した日(中止・継続の場合で、その後の通院がない場合は最終通院日)または交通災害の日から1年の期間を満了した日のうち、いずれか早い日の翌日から2年間

注意:診断書上「中止」や「継続」となっていても、その後に通院していない場合、治療の必要がないものとして、最終通院日をもって治癒とみなします。

見舞金の請求(受け取ること)ができる方とその順位

死亡以外の場合

会員(受傷者)ご本人のみ(会員が未成年の場合、親権者の請求も可能です。)

死亡の場合

次の順位

見舞金の請求に必要なもの

申請書、印鑑及び1から4は必ずご用意ください。重度障害の場合は5、死亡の場合は6から8が別途必要です。

共通

1 会員証(紛失した場合は必ず身分証明書をご提示ください)

2 人身扱いの交通事故証明書

3 医師の診断書(ちょこっと共済用の診断書は市役所でお渡しします)

4 見舞金振込先口座の通帳(または口座番号・名義が確認できるもの)

重度障害の場合

5 身体障害者福祉法に基づく指定医師の診断書及び身体障害者手帳の写し

死亡の場合

6 医師の死亡診断書または死体検案書(交通事故による死亡の記載があるもの)

7 会員の死亡が記載されている戸籍謄本および第1順位の請求者全員と会員との続柄がわかる戸籍謄(抄)本

8 会員との生計同一を証明する書類(会員の死亡当時に会員と生計が同一であった方が請求する場合)

 

事故発生原因調査・医療調査が必要な場合、同意書が必要です。

関連情報


市民部 総合窓口課 総合窓口係
〒197-8501 東京都福生市本町5
電話:042-551-1595、042-551-1596


[0] 東京都福生市公式ホームページ [1] 戻る

Copyright (C) FUSSACITY.All Rights Reserved.